夫妻

高血圧になってしまったら│減塩する方法や必要なエネルギーについて

減塩レシピを活用する

和食

自身で減塩料理の献立を探すのは大変ですが、最近ではインターネットサイトや書籍などで減塩料理を主に扱っているものがあります。こうしたレシピを参考にしながら料理を作っていくことで高血圧の対策をしていきましょう。

高血圧の定義と段階

和食

一般的にどういった状態になれば高血圧になるのかなどや、飲料でも効果があるものについて紹介しています。飲料は摂取しすぎると逆効果になってしまうものも多いため、摂取量を把握しておくようにしましょう。

減塩料理店を活用する

弁当

減塩料理の宅配サービスの他にも、減塩料理を扱っている飲食店などを利用することも視野に入れてみましょう。また、適切な運動を挟むことで血圧を下げる手助けにもなるため、日々の生活に運動も取り入れることができるのが理想です。

減塩を意識する

食事

高血圧になってしまうと、塩分の摂取量が制限されてしまいます。一般的な日本人の一日の塩分摂取量は約11gから12g摂取しているといわれていますが、高血圧の場合はこの一日の塩分量が6gにまで制限するように指導されます。自身で日々塩分量を調べながら食事を用意することは、栄養学に明るくない人には大変です。高齢化社会となり高血圧の人も増えてきている昨今では、こうしたニーズに応えて宅配健康食という食事の宅配サービスがあります。こうした宅配サービスでは管理栄養士などがメニューを考案していて、カロリーを意識した食事や、減塩が意識された食事などが提供されています。たとえば減塩が意識された食事などは、1食の塩分が2g以内におさえられていたりします。基本的にこうした減塩の食事は味が薄くなりがちになるといったイメージもあるでしょうが、最近では塩分を使わない調理が研究されていて、香辛料やだしを活用することでしっかり味つけがされています。こうした宅配サービスはインターネットからでも全国宅配を行っているところなどもあります。冷凍された状態で宅配されてきて、食事の際に電子レンジで加熱をすれば食べられるというところが殆どであるため、手軽さから最近注目を集めています。メニューも多彩になっていて、飽きがこないように季節の物を取り入れられたり、毎月新メニューを考案していたりするところなどもあります。バリエーションも豊かになっていて、自身で好みのものを注文することなどもできますので、減塩中やカロリーを気にしている人は利用を検討してみてはいかがでしょうか。